2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ランキング

無料ブログはココログ

twitter

カテゴリー「JR東海」の25件の記事

2016年9月 3日 (土)

鉄ができない、黄昏時

非鉄多忙でもう何ヶ月も無鉄状態です。仕事の帰りの名古屋駅でいつもだったら無視の313をスマホでパシャリ。

Img_2097
313でもいつかは撮っておいてよかった…、ってなるはず?
そして、
Img_2081
これを胃に流します!大好物です、ハイ。素晴らしい駅ですね。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2016年5月21日 (土)

名古屋港 堀川可動橋

今日は名古屋港の可動橋です。
Img_5788
名古屋港臨港線の通称・堀川可動橋ですね。臨港線は昭和に廃止となりましたが、こうやって跳ね上げた状態で保存されてます。
Img_5756
竣工は1927(昭2)年で現存する国内最古の蹴上橋だとか!
Img_5758
銘板には山本工務店と読めます。設計は山本卯太郎。日本の可動橋の第一人者と言えるでしょう。
Img_5789
岐阜に転勤してすぐ見に行った橋です。しかし、もう約10年前となってしまいました。
(2007.8.19 名古屋市)

2016年3月28日 (月)

名古屋コーチンきしめんを喰らう!

絶賛お休み中のブログですが、まさかの3連投。でも、復活ではありません。また書かなくなると思われ…(殴)

久しぶりに名古屋駅ホームのきしめんネタ。
このお店でイッチバン高いのが「名古屋コーチンきしめん」ぶっ飛びの870円!ワタクシ初挑戦です。
Img_0619
名古屋コーチンの適度な旨味と肉汁がツユにじんわりと…。そして肉やかき揚げうどんにはない白髪ネギの辛味が◎!ただしボリュームは肉&かき揚げには及ばないかなぁ〜。値段もあるしチトお上品系かな。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2016年3月26日 (土)

稲沢界隈

お久しぶりです。近況報告を、、生存はしております。ただし完全無鉄。忙しいし、寒いし、たまの休みは寝ていたい。出かける気がしないのです(泣)

土日は非鉄で名古屋へ行く用が多くなり、稲沢でせめてもの気分転換をと、途中下車。見えますかな?右上奥の機関車。
Img_9347
アップで、
Img_9338
EF64 77です。まぁあらためて紹介するまでもない、元お召し機ですね。
ワタクシ64は0以外認めないという偏った人間です。1000番台がイマイチ好きになれない… 。
そんな1000ですが、冬の斜光で台車までよく光が回っているので1枚。
Img_9372
こちらは…、
Img_9381
DD51。しかし原色を上回る塗装変更ってなかなかないですね。
DE10もいました。
Img_9374
冬の斜光で美しい…、としたいところですが、ワタクシこの光線が苦手です。とてもさみしー気持ちになってしまうのです。
年々1〜3月が体調も精神的にも辛い!早く暖かくならないかな。…ということでまだしばらくブログはお休みが続きます。
(2016.2.28 稲沢駅)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2016年1月18日 (月)

新垂井駅の跡

新垂井駅。大垣〜関ヶ原間の下り勾配緩和迂回ルート線上に、 1944(昭19)年に設けられた駅です。しかし利用者が少ないことと、車両性能向上による勾配攻略から1986年に廃駅。
駅の跡形もありませんが、ホームは残ってます。
Img_8958
う〜ん、ホームですが確かに…。駅名標等の痕跡が何も残っていないので、イマイチ感動しません。面白いのはこの迂回勾配緩和線は今も生きており、貨物・特急はこちらを走っているということ。これは垂井駅経由の本線は85km/h制限だからだとか。
駅舎がある頃に来てみたかった…。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2016年1月11日 (月)

乗ってみた、東海交通事業 城北線

名古屋への行きかりの途中いつも気になっていた、 枇杷島駅のこの気動車。
Img_0472
東海交通事業城北線ですね。ここ枇杷島から中央線の勝川まで11.2キロを結んでます。全線高架複線ながら非電化という、かなり奇妙な路線、乗ってみねば…。
Img_8928
枇杷島駅にて、JRCの313系普通岐阜行きと。
枇杷島駅発車。
Img_8931
車窓左手は新幹線の高架、のぞみとすれ違うことを期待しましたが、そんなに甘くはない。ホリデーフリーきっぷ720円なり。枇杷島→勝川が440円なんで、往復すれば元が取れます。しかし運賃、高くないか?
一駅目。
Img_0469
尾張星の宮駅。なんかロマンチックな駅名ですね。尾張一宮より格上。全線高架なんで駅はみんなこんな感じ。
景色は…、
Img_8937
高架なんでとても良い気分ですよ。
車内は、
Img_8939
ガラガラ。だよねー、枇杷島から勝川に行く用のある人っているの?あ、反対の枇杷島行きはもう少し乗ってましたが。
乗ること約15分、あっさり勝川駅に到着。後ろの高架が中央線。
Img_8952
しかし…、
Img_8949
なぜか、中央線のホームと離れている〜。なぜ…?
色々ググってみましたが、イマイチこの路線の生い立ちや存在意義が分かりませんでした。しかし、しかしですよ!超合理主義で我々趣味人をいつもがっかりさせる?JR東海(の関連会社)が、こんなのんびりした単行気動車をトコトコ走らせている…、なかなか素敵なことだと思います!
(2016.1.10 東海交通事業城北線)

2015年6月15日 (月)

修学旅行でグリーン車にタダ乗りした思い出

信濃シリーズ1回休み。
名古屋駅新幹線ホームにて、レア幕ゲット♫

1

ワタクシも中学の時、京都・奈良へ新幹線で行きました。0系でした♫ 市内4中学が16両を完全貸し切り。「修学旅行臨だからって、わざわざグリーン車外したりしないだろうから、運がよければ…。」と考えていたんですが、まさかのまさか!我がクラスがグリーン車に的中したんですヨ!ガキにはデカすぎる座席だという感想でしたが…。
この幕、 「団体」でも十分だと思うんですが、こうやっておじさん達利用客を懐かしい思い出にふけさせてくれる、JR東海のニクい演出なんでしょうか?
(2015.6.15 JR東海 名古屋駅)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2015年3月 6日 (金)

リニア・鉄道館のズラリコーナー

リニア・鉄道館の一番奥。
1_11
「国鉄」を駆け抜けた名形式がズラーッ。
1_10
165系は急行「軽井沢」で乗ったな〜。キハ80は「まつかぜ」で見ただけだったな〜。63系は縁がなかったなぁ〜。
1_12
客車群も。真ん中はオヤ“孔雀”31ですね。
狭いスペースにこれだけ詰めているのは、JRCが価値を理解して保存を決意したからでしょう。でも、でもワガママ言えば…、「サイドもじっくり見たいよ〜。」お立ち台みたいなモノを作って、 交代で引き出すようなスペースがあったらなぁ…。車両が代わる度に行っちゃうのに…。
1_13
さて。この中で1両ピックアップするとしたら“ロクサン”でしょうか。復刻ですが、この原型顔を見ることが出来るなんて…。
1_14
旧国つながりでクモハ12も。オデコ一灯カッコ良し!
(2014.3.14 リニア・鉄道館)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2015年2月16日 (月)

新幹線車窓の黒バナナ

新幹線は米原ー岐阜羽島間の車窓に現れるコレ。
1_4
意外と自宅そばにあることに気づき、行って来ました。2002年三洋電機が開館した太陽光発電施設「ソーラーアーク」ですね。
1_3
新幹線からでは絶対見れないであろう、裏側です。
1
登場時はインパクトありましたが、今は完全に風景に溶け込んでますね。
(2014.1.31)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2014年12月21日 (日)

上松駅と藪原駅

木曽路の保存機を巡っておりますが、駅舎も寄って行きます。まずは上松駅。
1_7
山間には似合わない?都会的なスクエアなコンクリ建築。
1_8
1950(昭25)の大火で前駅舎が全焼。翌年に防火建築としてコンクリ建築が選ばれ、竣工したからのようです。駅舎に歴史あり。
1_9
一方藪原駅は山小屋風。梁が斜めに交差する「ワーレン・トラス」でオシャレ。
1_10
ですがぁ、左1/3は板張りなんですね。ワタクシこの板張りが本来の姿で「ワーレントラス」は装飾板でないのかい?イヤ、そうあって欲しい…なんて思ってます。総板張りの姿を是非見てみたい!!このサイズの総板張り木造駅舎だったら貴重ですゼ!
(2014.10.19)