2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ランキング

無料ブログはココログ

twitter

カテゴリー「伊予鉄道」の6件の記事

2016年6月 4日 (土)

愛媛県庁舎と路面電車

過去ネタ伊予シリーズ最後は、ドカンとメジャーな物件で。
Img_6924
愛媛県庁舎。1929(昭4)年築、設計は木子七郎。ドームを中心に左右対称なのが特徴ですが、電車と絡めたかったのでこんなアングルになりました。
(2008.2.10)

2016年6月 2日 (木)

伊予鉄道 松前駅

伊予鉄道松前駅、まさきと読みます。
Img_6780
純和風な木造駅舎。
だいぶ前の撮影なんで…、
Img_6785
なんでこんな端っこが切れた写真なのか分かりませんが、腕がないってことで。
Img_6793
広い構内が素敵です。
(2008.2.10)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2016年5月31日 (火)

伊予鉄道 高浜駅

伊予鉄道高浜駅です。
Img_6802
以前紹介した三津駅と同時期(昭和初期)の駅舎ですが、三津駅に比べるとシンプル。
Img_6810
駅正面口。通路に屋根が掛かっており、昼なお暗しでいい感じ。
Img_6817
構内。三津駅二時間取りすぎて?あまり写真撮ってませんでした。
(2008.2.10)

2016年5月29日 (日)

古町の留置車両たち(2008年)

伊予鉄道古町駅にある車両工場に留置されていた3形式をご紹介します。
Img_6885
まずは300系。1950(昭25)年日立製作所製。オデコに掲げた前照灯と3枚窓非貫通が純粋な旧型電車って感じです。予備知識がなかったので、「うわっ、まだ残ってたんだ!」とびっくり。
写真ではうまく写せなかったんですが、2両めのサハ500は300とは全く別物でして、元をたどれば1914(大3)年汽車製造製というシロモノ。300と全高・屋根形状が異なり、編成美もへったくれもない。そこが地方私鉄のお約束って感じで素敵です。
続いて600系。
Img_6890
1958(昭34)年ナニワ工機製。運転台がセンターにドカンと来るスタイルが路面電車チックですねぇ。この特徴ある顔はワタクシの中での伊予鉄を一番イメージします。
古い車両をきっちり保存しているのは偉いなぁ!と感動していましたが、撮影した年の後半に解体されてしまいました…。
もう一両。
Img_6882
モニ30。1952年、ココ古町工場製の電動貨車。1990年頃まで入換車として活躍していたようです。こちらは那珂川で保存されている模様です。
(2008年2月10日)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2016年5月25日 (水)

伊予 瀬戸内 梅津寺

Img_6822
過去ネタシリーズは伊予国へ。ワタクシには縁もゆかりもない四国ですが、寒いのが嫌いなワタクシは好きな土地であります。伊予鉄道から見る瀬戸内海の穏やかさにうっとり。
メインディッシュの三津駅は以前出しちゃいましたので、今後はそれ以外をご紹介したいです。
(2008.2.10 伊予鉄道 梅津寺駅)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2013年3月10日 (日)

今はなき駅舎 (伊予鉄道 三津駅)

 今日は伊予鉄道、三津駅の旧駅舎です。

Img_6839
これは類のないデザインの木造駅舎でしたね〜。屋根の形と入口上の半円状に描かれた飾りが独特です。建築年は不明、昭和初期という説が有力。
Img_6842
駅舎全景。ローカルな木造駅舎…というわけでもなく、この自転車群を見てお分かりの通り、結構乗降客の多い駅です。老朽化とバリアフリー化のため2008年解体。現在はこの駅舎のイメージを残した新駅舎になっています。
Img_6863
つづいて、待合室〜。昭和ですね(゚▽゚*)
Img_6869
入口方面を望む。いい駅舎だったなぁ…。
(2008.2.10 伊予鉄道高浜線 三津駅)
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村