2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ランキング

無料ブログはココログ

twitter

カテゴリー「岳南鉄道」の4件の記事

2016年1月 6日 (水)

比奈駅の、ダルマが4つ

当ブログで岳南鉄道と来たら、これでしょう!
Img_1479
「うわっ、香ばしい!」比奈駅構内にあった廃車体です。左に3つ。右に1つ(正確には右にはワムハチの廃車体もあるんで2つですが。)
まず、手前のブルーの車体。
Img_1444
岳南鉄道モハ1602、元は小田急のデハ1604です、“ABF”っちゅうやつですね。青ガエルこと元東急5000系にバトンタッチして現役引退したはずですが、ABFはダルマさんながら健在でしたが、5000系は影も形もありません。世の中わからない。
逆サイドに廻ると…。
Img_1460
サハ1955。紐解くと1976年4000系(←もちろん先代)に職場を譲り小田急を
引退、岳南入り。岳南では1981年まで活躍。それ以降ずーっと廃車体として30年ほど活躍?していることになります。
サイドビューをどうぞ。
Img_1457
中間は撮ってませんが、クハ2106。
そして右側。お顔を先頭側に向けてくれてます。
Img_1475
クハ1107。元小田急のクハ1532。1927(昭2)年藤永田造船所製。やはり東急青ガエル移籍で現役引退して、その後倉庫生活。
ワタクシここには学生時代の1990年半ばにも来ておりますが、スキャナーを導入したらその頃の写真も日の目をみることになるはずです。今日UPの写真と大して変わりませんが…。まぁ、 この香ばしさは撮影時も「健全ではないなぁ=いつ無くなってもおかしくはないなぁ。」と思っていましたが、2011年夏頃に全車解体されたと聞きました。
(2009.8.15 岳南鉄道 比奈駅)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
 

2016年1月 1日 (金)

岳南鉄道 比奈駅&岳南江尾駅

新年1発目の記事。フツーなら鼻息荒い、思い入れのある記事をUPするもんでしょうが…、なぜかお盆の岳南鉄道の2駅舎をどうぞ。まずは比奈駅。

Img_1428
しーん。誰もいない。まあお盆ですしね。
Img_1425
いいグリーンに塗られた駅舎ですね。後ろのアパートかマンションも昭和で好き。できれば住みたいくらい。
続いて岳南江尾駅。
Img_1628
昭和モダン。どこがだって?そらもう、岳・南・江・尾のも文字間隔ですよ。
このシンプルさは特筆もん。
反対側。
Img_1619
草むした側線群が素晴らしい。
これは?
Img_1629
 
駅員さんが夏休みの宿題で作った巣箱…、ではないですね(笑)
にほんブログ村 鉄道ブログへ
 
 

2015年12月28日 (月)

岳南鉄道 ED501

岳南鉄道のED501です。

Img_1412
1928(昭3)年川崎造船所製。のちの上田交通である「上田温泉電軌」入りするも名鉄に移籍その後岳南へ流れてきた電機です。上田→名鉄の移籍理由が「上田ではオーバースペックだった。」からだそうで…。確かに上田交通だったらデカすぎるかも…。
Img_1516
岳南での活躍はもうここで語ることのないフィーバーぶりでしたから「略」
しかし、真夏のトップライト下で色の乗らない写真ばかりですいません。
Img_1524_2
ナンバー字体やパンタ鈎外しに名鉄臭を感じます。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
 

2015年12月22日 (火)

岳南鉄道のう・わ・や

貨物も廃止になりすっかり寂しくなったと聞きます、岳南鉄道。ワタクシは2009年に訪問しております。
Img_1391
起点は吉原駅。迎えるのが元井の頭のアイツですね。ただカオは塗られているので印象はだいぶ変わりますねぇ。
Img_1518
比奈駅。吉原駅もそうでしたが、ワタクシが一番「ガクテツだなぁ〜!」と思うのがホームの上屋!独特なデザインだと思いませんか?
こちらは岳南富士岡駅。
Img_1603
「鉄パイプをふんだんに使って、曲げて伸ばして、作りました〜♩Byシェフ」みたいな作品です。
終点は岳南江尾駅。
Img_1671_1
短いながらもやっぱりあの上屋!ホームというより花壇ですね。
(2009.8.15)