2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ランキング

無料ブログはココログ

twitter

カテゴリー「加悦鉄道」の39件の記事

2014年11月26日 (水)

また来る!加悦SL広場。

さて、今日で長きに渡りご紹介して来た、加悦SL広場を一旦終了としたく思います。
1_6
青い空に赤いプレート、そして黒いボディ。蒸機って良いよね…。
1_6
SLはもちろん、DL・客車・電車とバラエティーに富んだ、個性的な昭和の面々が…、1_8
素晴らしいロケーションに集結する姿をみて、やはり感動でした。運営管理する方々に深く、深くお礼をしたく思います。そして、また来るよ!
(2014.9.14 加悦SL広場)

2014年11月24日 (月)

フランジャー←昇・重り・降→

フランジャー←昇・重り・降→
1_6
右翼・開←重り→閉。
1_9
コレは操作しがいがありそうだ。
1_7
(2014.9.14 加悦SL広場、キ165車内にて)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2014年11月18日 (火)

昔のトレインシュミレータ?

加悦SL広場は車両群もさることながらそれ以外の小物もすげぇ!の連発です。こちらは、「投炭練習機」です。
1_3
D50の焚き口を模した火室と、炭水車風の箱からなってます。
1_4
SLのパワーを効率よく引き出すには、技術が必要だったんですね〜。以下、掲示してあった案内板の文章引用。「機関助手見習いとなった者は、(中略)この模型火室にて機関車炊火の基本的動作、火床の理想的形成法等の厳重なる訓練を受け、旁々体力を錬磨した(後略)。」
福知山機関区で使われてたものだそうで、山陰線マニアにはそれだけで胸熱。さながら大昔のトレインシュミレータといったところでしょうか?
(2014.9.14 加悦SL広場)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

にほんブログ村

2014年11月16日 (日)

ベッヒャー夫妻、ではありませんが…。

給水塔の写真といえば…、
1
ベッヒャー夫妻、という名前が思い浮かびます。
テクニックはもちろん、彼らは曇りのフラットな光線を条件としているので、到底及びませんが…。
こういう産業構造物を丹念に撮り続ける方が名を刻んでるなんて、嬉しいです。
(2014.9.14 加悦SL広場)
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

 

2014年11月13日 (木)

バス窓

キハ10 18。1956(昭31)帝国車輛製、国鉄は福知山機関区に配属され山陰路で活躍。1980(昭55)年廃車後加悦鉄道へ移籍。加悦鉄道廃止まで最後の現役車として活躍しました。
見慣れたキハ顔ですが…。
1_12
側面に注目、バス窓なんですね♫
1_13
バス窓って正式名は「スタンディーウインドー(立席窓)」って言うんですって。
1_14
車内。残念なことになってますな…。こういうコーナーは建物内に作って欲しい!貴重な車両にわざわざこんなコーナー作らんでも…。
(2014.9.14 加悦SL広場)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

にほんブログ村

2014年11月11日 (火)

キハユニ51、車内編

前回の加悦鉄道シリーズで紹介したキハユニ51の車内です。
1_4
旅客部分はロングシート。
1_5
白熱灯。あれ車内の付番が「40921」ってなってる。これは1937(昭12)年に改番されたときの番号。
1_6
さあ魅惑の奥の間へ…。
1_7
おお…、郵便室。
1_8
ここでの仕事、夏は暑くて、冬は寒かったんでしょうね。
1_9
運転席。右のシートに座られたら、めっちゃ運転見られて緊張するんでは?
(2014.9.14 加悦SL広場)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2014年11月 2日 (日)

加悦鉄道 キハユニ51

加悦鉄道、キハユニ51です。17m級の郵便荷物合造車ですね。
1_3
1936(昭11)年日本車輌製造製、芸備鉄道(後に国鉄買収)のキハユニ18として活躍。船木鉄道に渡り加悦鉄道に来たのは1962(昭37)年。
1
カメラのせいではないと思うんですが…、車体にスウェイバックが見られるようです。骨格矯正してあげたい!
1_6
この「キハユニ」ですが、改番されたのは1993(平5)年なんですね。この時に大規模な修繕を行い郵便荷物室を復元し、鉄道省時代の「キハユニ」としております。
1_5
模型で見る「とある地方鉄道」的なツーショットが、平成四半世紀経過した今も1/1で見れる。はっきり言って、大宮のあそこや金城埠頭のあそこより格上!
キハユニ51の車内は次回にご紹介します。
(2014.9.14 加悦SL広場)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2014年11月 1日 (土)

横からカトー

1_10
横からカトー、前には日立。
(2014.9.14 加悦“DL”広場)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

にほんブログ村

2014年10月30日 (木)

加悦鉄道 フハ2

加悦鉄道、フハ2です。紛らわしいですがハ21とは別モノです。
1
1916(大5)年、伊賀鉄道が名古屋電車製作所に発注。加悦鉄道へ移籍したのは1927(昭2)年。廃車は1969(昭44)年。
1_2
順光側に引きがなくてまたも広角すいません。でも窓に映る夏雲が良いナァ〜。こちらも動態保存車♫
ではここでもう一度、ハ21を。見比べてみましょう。
1_3
似ているが、やっぱり違うね!
(2014.9.14 加悦SL広場)
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

2014年10月29日 (水)

加悦鉄道 ハ21

加悦SL広場、加悦「古典客車」広場って言っても良いくらい伝説級がゴロゴロしております。スゴいことです…。
1_8
ハ21。1893(明26)年鉄道省新橋工場製。1928(昭3)年、国鉄より加悦鉄道に移籍。当初はハ4995にような外開きドアでしたが、1935(昭10)年車体改造し今の姿になりました。
1_10
松葉スポーク車輪。貴重ですが、当広場では装着車多し。
1_9
車内。木の内装…いいねぇ!
1_11
そして角度をかえて形式風に。GOOD!
(2014.9.14 加悦SL広場)
にほんブログ村 鉄道ブログへ