2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ランキング

無料ブログはココログ

twitter

カテゴリー「中国 昆河線」の4件の記事

2014年3月20日 (木)

昆河線・南昆線同時撮り鉄!

王家営駅から先回りして昆明北行きを撮り鉄しようとやってきたのがこちら。そう、車窓でも確認できた南昆線とのクロスポイントです。
1_15
手前、に向かって地面を走るのが昆河線の1mゲージのレール。そして高架で跨ぐのが南昆線、こちらは標準軌。奥を長大編成の客車列車が通過中!やはり大陸だな〜。
1_16
続いて貨物列車が通過。結構本数は多い。
そして、昆河線昆明北行きがやって来ました…!1_13

エンドキャブを先頭にキタキタ〜!正面に光の来ない難しい条件です。1_14

南昆線高架をバックに。現役客車列車を撮れて気分は最高潮♫
1_17
昆河線はかつては国際路線でしたが、今は1日2往復のローカル線…。でもお客さんは結構乗ってます。南昆線と昆河線を同時に楽しめる「1粒で2度美味しい」撮影ポイントに大満足でした〜。
(2010.3.14 昆河線 呈貢ー王家営)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

2014年3月18日 (火)

YZ、XU!東方紅21!(王家営駅)

昆河線シリーズ③です。列車は終点王家営駅に到着しました。

1_8

ババッと降り立つと…、客車だ客車!感動はまだやみません。
1_12
形式写真が撮れなかったのが残念ですが、XU30形545、郵便荷物合造車です!日本でいえばスユニ50あたりでしょうか…。形式表記XU30545の横に信箱とありますが、ポストなんですよコレ!(現在は郵便業務はされていない模様)
さて、牽引機の東方紅21は既に客車を離れ…、
1_9
機回し中です。
1_10
このエンドキャブ機、気に入りました。
1_11
機回しして昆明北方向(写真奥)に連結されようとする東方紅。ですが〜、あれれ?帰りもキャブ側が先頭に来るんだ!いつの間に方転したんだぁ?キャブを後ろにした方がカッコいいんですが、運転は当然キャブ前の方が良いからでしょうか。
さて、この列車再び昆明北に向かいます。が、ワタクシ達はバスで先回りしてコイツの走行をねらうコトになります。いや〜ツアーは良く出来ている!!楽!
(2010.3.14 昆河線 王家営駅)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

2014年3月15日 (土)

昆河線、乗り鉄編

昆明北駅を発車した王家営行き。今日は車内と車窓をお楽しみください。(脳内で世界の車○から」の音楽を流しながら…)
1
乗車したのはYZ M1形の658。1990年代製の客車です。
1_6
シブい表記。
1_7
呈貢駅駅舎。
1_4
呈貢駅、ホームと駅名標。終着の王家営駅の一つ手前。
1_5
呈貢を出ると昆明から南寧まで828キロを結ぶ南昆線とクロスします。運良く貨物列車に遭遇!
1_3
23kmのミニトリップですが、「客車に揺られる」というのはやはりいいものです。
(2010.3.14 昆河線)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

2014年3月13日 (木)

中国雲南省の1mゲージ「昆河線」

当ブログ初の海外かな?2010年にプロ写真家・櫻井寛先生の監修するツアーを利用して、中国唯一のメーターゲージ「昆河線」に乗って来ました♫
この路線は、雲南省昆明市の昆明北駅からベトナムまで通じている国際路線です。しかし、旅客は朝夕計2往復でわずか23km先の王家営駅までしか残っておりません。
まだ夜明け直後の昆明北駅で待っていたのは…、正真正銘「DL+客車列車!」
1
DL次位には荷物車。日本で見れなくなったこの編成が健在とは…感動。
1_4
東方紅21型。1970年以降製造の液体式DL。エンドキャブスタイルは日本ではなじみが無く新鮮!
1_3
反対側。台車を照らす明かりが素敵。
1_2
広くて低ーいホームに、発車を待つ客車編成!間もなく出発です。
(2010.3.14 昆河鉄路 昆明北駅)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村