2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ランキング

無料ブログはココログ

twitter

カテゴリー「バス」の16件の記事

2016年8月20日 (土)

タクシー運ちゃんはバスで休憩

クルマネタが続きますが、今度は大阪、新大阪駅。タクシー乗り場構内奥に目をやりますと…!
081a0305
いるいる、なんかいる!近づくと…、
081a0308_2
ネオクラシックな中型バスが…。大阪タクシーセンター共同休憩所とありますので、タクシー運転手さんの休憩場なのでしょう。ウィンドウにはメニューがあり、食事もできるようですねぇ!入りたいなぁ。車種は?年式は1980年前後でしょうか?
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2016年5月19日 (木)

スクールバスの廃車体

過去ネタシリーズ、バスの廃車体。
R0011978
2007年4月の撮影です。確か敦賀周辺を営業している時に見つけた個体だったと思うけど、まだあるのかなぁ。
R0011976
後ろドアがないのと黒く塗りつぶした▲はスクールバスマークっぽいので元スクールバスでしょうか? 水色のシンプルなラインが秀逸!

2015年12月13日 (日)

足助ボンバスシリーズ、ラスト

足助バスシリーズ、ラストは日本自動車博物館所有のボンネットバスです。
町内走行シーンをどうぞ!
Img_6321
5台つらなっての走行ですが、ワタクシの乗車したオレンジオーワの後ろに博物館号が!
Img_6346
坂道もグイグイ登ります。
リア。
Img_6397
当車は博物館で見たことはありましたが、陽の下で元気よく走るのを見るのは初めてです。
車内。
Img_6432
メーカーズプレートは、
Img_6434
川崎 "GIFU JAPAN" 岐阜ですよ岐阜〜。
5台のボンバスを同時に見れて楽しかったです。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
 

2015年12月10日 (木)

いすゞBX341

足助バスシリーズです。いすゞBX341です。
Img_6378
1959年式。ボディは川崎航空製。
サイドビュー。
Img_6379
Zラインが似合ってる。
Img_6382
クゥー。字体と配色が決まりすぎ!ブレザーに付けたい?
リア。
Img_6386
バックランプ点灯ちぅ。
その上は
Img_6392
このデザインもいいねぇ。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
 
 

2015年12月 7日 (月)

オーワのボンバス、その2

オーワ観光はもう一台ボンバスを所有しているんですな。すげぇ!

Img_6388_2
BXD30(1966年式)、四国交通やかずら橋タクシーで活躍後三河の地へ移籍。なんだか能勢電鉄の旧塗装そのまんまの配色ですね〜。
リアビュー。
Img_6419
後ろは阪急マルーン。お尻もマン丸ーン。
1号機とツーショット。
Img_6415
よーく見るとワイパーの根っこや窓の大きさ、違うところがどんどん見つかる!バスはまだ未修なんで詳しいことはわかりませんが、はまりそう…。
(2015.5.17)
にほんブログ村 鉄道ブログへ
 
 

2015年12月 4日 (金)

オーワのボンバス、その1

足助に集結したボンネットバスシリーズです。今回はオーワ観光所有のこれ。
Img_6429
いすゞBXD50 1967年式。伊那バス→千曲バスを経て今に至る。ドアがパカリンコしちゃってますが、いちおー形式写真風だってことで…。
メッキされたグリルが素敵。
Img_6306
サイドビュー。
Img_6404
5台ある中で一番気に入ったカラーリング。リアが直角なのが少し新しい。
Img_6401
リアの窓が連続してるのも新しい。
運転席。
Img_6307
うんたん…イヤ、運転してみたい…。
(2015.5.17 愛知県豊田市)
にほんブログ村 鉄道ブログへ
 

2015年12月 1日 (火)

ボンネットバス in 足助 いすゞ祭

ものすごく鮮度落ちではありますが…。今年の5/17に愛知県豊田市足助町で“ALL JAPAN ISUZU FESTIVAL 2015”が開催されました。そこに集結したのが…、
Img_6409
総勢5台のボンネットバス!! うへぇ〜、こりゃたまらん!
今日はその中から水色のコレを…。
Img_6358
いすゞBXD30 1966年式。ボディは帝国自工製。元をたどれば奈良交通に所属していたそう。
フロントのお顔。
Img_6449
う〜ん、この顔かすかに覚えております。といってもワタクシ(41歳)の幼少期に東京にはさすがにボンバスはいなくて、同じ顔した消防車がまだいたような記憶です。
後ろ
 
Img_6396
3枚窓がナツカシス。そして…、
Img_6393
メーカーズプレート、2つありますねぇ 。昔はシャーシとボディは別々のメーカーが作ってたという…。車体を製造するメーカーをコーチビルダーなんて言って、帝国ボディもそのメーカーの一つだった…、そうです。すいません、バスも要勉強ですね。しかし昔のプレートって、その時代背景と裏腹にものすごくポップな書体なのがイイ!
(2015.5.17 愛知県豊田市)
にほんブログ村 鉄道ブログへ
 

2015年2月14日 (土)

約20年前、中軽井沢の廃車体

好評だった幼稚園の廃バスに気を良くして、これも出しちゃいます。ワタクシが大学時代の1996年頃の撮影。

1_2
今度はボンネットバスの廃車体です。場所は信越本線中軽井沢駅の裏あたり。車窓からも見えていたのでご存知の方も多いでしょう。それにしても、フロントウインドー内に茂る植物が、もう芸術の域まで達してます!
1
中扉から後方。ボディ下にはマークと「…車」の文字が見えます。写真は白黒ですが、明らかに千曲バスカラーです。色々ググってますと昭和32年式・日産G590という形式です。なんと、後にサルベージされて、路上復帰したそうです!!
1_3
全貌。大学当時は白黒写真の自家現像にハマっていて、大きく伸ばして額に入れてたのを最近発見。そして、カラーはお金がなくて撮っていなかった…。「ゲージツ」のつもりでいたアオい自分を思い出す3枚です。
(1996年頃、中軽井沢駅そば)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2015年1月10日 (土)

35年前、とある幼稚園の廃車体

まずはこの写真をご覧ください。

1_5

ワタクシ、40オヤジの幼稚園児時代の写真です。頭に新聞紙で作った兜をかぶっての集合写真…、ということは昭和54年5月くらいでしょうか?自分で言うのも何ですが、「かわいいよ自分!ハアハア…。」
いや、このブログに来てくださる方なら「それより後ろ!後ろ!」ですよね。
当時ワタクシは、世田谷のある幼稚園の年中組に在籍しておりました。この幼稚園には送迎用ではない、路線バスクラスのバスが遊具として置かれておりました。
ただし、一番乗ってみたい運転席周辺はいつも年長組に占拠されて、全く譲ってくれません。たった5歳の時に年功序列・縦社会の苦しみを味わうことになろうとは…。 「俺も年長になったら絶対運転席に座る!」と思っていたのを鮮明に覚えております。
しかし写真からも伺えますが、ガラスは割れ、荒れるがままであり、5歳児ながら「結構危ないぞ。よく園児をこんなボロボロのバスで遊ばせるな…。」と思っていました。そして、その予感は悪い方向に進むのです。晴れて年長組になり、「文句なしに運転席に座れるぞ!」とほくそ笑んでいた矢先に、このバスは撤去されてしまうのでした…。このときの悔しさは今でも鮮明であり、この原体験がワタクシを廃車体巡りに突き動かしている、かもしれません。
最近になって「あのバス、何年式でどこから来たのだろう?」と思うのですが、ワタクシが所有している写真はコレだけで顔も分かりません。背中の丸まった古バス。ボンネットではなかったはず…。昭和54年の時点で廃車体。魅力的なブツではあると思うんですが…。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2014年12月16日 (火)

「伊那バスOB」が道路監視中

箕輪のED19 1を堪能したのち、次の獲物(保存車)へ移動中…。薮から妖怪登場!
1_4
うわわ〜!パニックブレーキ…しちゃうのはごく一部のマニアだけ。オデコの行先幕が示すように元・伊那バスですね。
1_8
アップで。先頭窓下に「59632」で素性判明。1984(昭59)年式のいすゞ製。モノコックシャーシも末期な形式CDM。
1_6
驚かされるのがそのコンデション。錆や退色のが少ない。この世界でいう「ナガノ・コンデション」というヤツか? 湿気の少ない、海からも遠いこの地の保存車は、 劣化があまり見られません。前回のED19も良かったしね!
1_5
逆サイドはこんな感じ。中型タイプですね。
(2014.10.19 長野県)
にほんブログ村 鉄道ブログへ