2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ランキング

無料ブログはココログ

twitter

カテゴリー「その他」の38件の記事

2016年4月 1日 (金)

またしばらく…

またしばらくブログをお休みします。Img_5117

たまーにポツポツ再開できたらなぁ…。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2016年2月10日 (水)

島原鉄道 南島原駅旧駅舎

島原鉄道の南島原駅です。残念ながら昨年2月に老朽化のため解体。新駅舎になっているとのことです、グスン。
Img_0910
岐阜からかなり遠いところでしたが、行っておいてよかった!
全体。
Img_0914_1
まるで木造校舎みたい〜!
三角帽子の部分。
Img_0938
庇の装飾も秀逸。
駅舎内。
Img_0907
窓口が機能しています♪
外には…、
Img_0918
黒ワムの救援車とヨが!黒い貨車っていいねぇ。
(2009.7.19 島原鉄道 南島原駅)
にほんブログ村 鉄道ブログへ
 
 

2015年8月13日 (木)

六甲山上駅、屋内編

六甲山上駅、屋内編です。
Img_6751
出札口です。
180°回ると・・・、
Img_6752
広くて涼しい空間。大きな入口から山のイイ空気が入り込みます。
Img_6756
そしてこの手すり!
Img_6758
屋上展望台、昭和天皇もきたので天覧台と呼ばれてます。その景色は前回の写真で・・・。
Img_6784
最後に駅ホーム側に掲示されていた銘板。ここにケーブルを引いた会社かな?チェリッチエンドタンファニー、伊太利 ミラン市!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
 

2015年8月10日 (月)

六甲ケーブル 六甲山上駅

今日は六甲ケーブルの六甲山上駅です。JR六甲道からバスで六甲ケーブル下駅へ。そこからケーブルカーに乗り換え。大自然の涼しい風を浴びながら着いたら、待っていたのがこの駅舎。

Img_6725
デカイ! 山頂に3階建ビルデイング。昭和7年築。
Img_6747
角度を変えて・・・。各部分の装飾がお洒落です。以前紹介した高松は屋島の屋島ケーブルの屋島山上駅など、ケーブルカーの駅って結構立派です。建設当時の「ここを一大観光拠点にしよう!」っていう意気込みなんでしょうか?
Img_6773
外観の特徴である車寄せ。横から見ると、でかっ!
各種装飾版を見ていきましょう。まず中心部。
Img_6729
帯の模様がよく見るといろいろ。
向かって左側には・・・、
Img_6734
これも、
Img_6764
高級ですね。
Img_6743
最後に駅舎横からの景観。海が近いですね! 次回屋内編です。
(2015.7.25 六甲ケーブル 六甲山上駅)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2015年8月 7日 (金)

天覧台のある駅

Img_6762
この階段を登れば屋上展望台があります。次回はこの階段のある駅をご紹介〜。

2015年8月 4日 (火)

【非鉄】暑いですね、近況報告

先日大阪方面に鉄に行ったんですが、暑いのと、前日までの仕事の疲れが取れず、あまり動けませんでした・・・。鉄の収穫はほぼ無しでしたが、一番の収穫はこれでした。

Img_0104

クイズ、 どこのラーメンでしょう? ヒント→ネギやキムチで隠れてますが、スープには白菜がぎっしり! そう、神座ですね♪ 新大阪駅の構内にお店が出来ていて、十年ぶりくらいに食べました。昔は「スープが甘い!白菜の味しかしない!」なんて毒づいていたんですが、今回食べたら、「そんなことない!!うまかった! 」 味覚って不思議。そして真っ昼間のビールは最高でした。
この頃非鉄で忙しくなってきており、ブログが書けなくなりつつあります。すいませんが、しばらくの間週1〜2ペースに落とします。
みなさま、暑いですが、お体に気をつけてお過ごしください。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
 

2015年8月 2日 (日)

水間鉄道 水間観音駅

「すいてるすいてつ」のキャッチコピーがウケる、水間鉄道の終点水間観音駅です。
1_4
水間寺の最寄駅ということもあって寺院風。駅舎テツには古くから有名な駅舎だと思います。
1_2
駅舎横の商家も歴史がありそう。
ココは駅舎以外も元東急のステンレス車が見物ですよ!
1_5
ホームにいるのは中間車改造の1008。よく見ると3枚窓。
1_2
駅横に併設されている車庫。ヤッパオリジナルの先頭車が好きだな。
1_3
水間観音駅を発車する車内から。おや?後ろは無塗装でオリジナル感があります。
1_6
7003。2006年の7000形→1000形への更新改造を受けなかった車両です。スカート無し、非LEDでグンと「東急感」が増してますね。ワタクシにとっての東急や渋谷と言えばこの「無塗装・ステンレス・コルゲート」です。
(2010.7.31 水間鉄道 水間観音駅)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2015年7月29日 (水)

上前津の改造単車

ブランコの向こうにある白/緑ツートン、赤帯のハコ。鉄道車両ですよね…。

1_2
名古屋は名城線 上前津駅すぐそばの公園にある廃車体です。
1_3
元名古屋市電179の車体が公園の集会所として使用されています。木造単車を昭和13年剛体化、廃車は昭和31年。いわゆる改造単車という部類に入る車両だとか…。
1_4
サイド。ドアや窓が完全に住居用のものに代えられております。台車やパンタもありません。しかし、リベットや屋根の布張り、車体下部のR、ウインドシル・ヘッダーなど…、想像以上に鉄道車両である痕跡が残っており、写真で見る以上に車両のニオイを感じれます。
1_6
反対側。赤帯はワンマンの識別用だったので当車が現役時代は纏ったことは無いとのこと。
車内は…
1
ロングシートの形状が残っているように見えます。ガラスの映り込みすいません。iPhoneが…。
都会のど真ん中にある古い古い廃車体…、栄からも近いので一見の価値有りです。
(改造単車と言ったら「旧○會」のことと思って拙ブログに来た人に怒られそう…。)
(2015.7.26 名古屋市中区)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2015年7月27日 (月)

ビルの谷間に廃車体

1_7

高層マンションビルの一角にある公園。そこに棲むレジェンドです。詳細は次回。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2014年7月28日 (月)

軽井沢に眠る、ジェフリーの“L”

旧)軽井沢駅舎記念館前には、もう1両貴重な車輛が保存されています。1_21

当駅から草津を結んでいた「草軽電鉄」の電機です!草軽も既にココで語る必要もない伝説級の路線ですね。当機はアメリカはジェフリー社が1920(大正9)年製造、東京電燈が発電所建設に使っていたものを譲渡されたもの。いわゆるL字形になったのは草軽入りしてからのことで、このときに運転室、前後の従輪、パンタ等を設置したとのこと。パンタの背が高すぎて画面に入りきりません…。
1_26
そのパンタ。運転手がパンタから吊るされたヒモを引っ張ってパンタと架線を接触・切断を繰り返してスピード調節した…ってマジ?
1_22
従輪。ホイールの装飾がイイ!
1_27
運転席、狭い。驚くのは両側に扉は無く、窓からマスコンorブレーキを飛び越えて(もしかしたら踏みつけて)乗っていた、のでしょうか…?
ボンネット部にiPhoneを忍ばせると…、
1_28
各種機器は健在のようです。
1_29
カッコいいぜ!
1_30
これは朝顔型連結器ですな。なるほどアサガオだ。
しかし、こんな小さい電機が浅間山の麓をちょこちょこ走っていたなんて…、信じられません!
(2014.7.21 しなの鉄道軽井沢駅)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

にほんブログ村

より以前の記事一覧