2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ランキング

無料ブログはココログ

twitter

カテゴリー「名古屋鉄道」の41件の記事

2016年5月 1日 (日)

茶所駅で短2音とテレス

名鉄茶所駅に初下車しました。ここは名鉄で名古屋に向かう時通過しているのですが、気になる案件が2つありまして…。
まずこちら。
Img_9182
昭和な紳士服の看板があるんです。
Img_9192_2
シブい!
そしてこちらも看板。
Img_9167
茶所検車区に入る時は短く2音鳴らすのですね。μ4とか、かっこいい!なぜワタクシは運転手にならなかったんだろうなぁ…。
(2016.2.28 名古屋鉄道 茶所駅)

2016年1月21日 (木)

黒野駅跡のモ512

整備された旧黒野駅は以前紹介しましたが、そこに1年限定でモ512が貸出展示されております。あ、もうすぐ一年経っちゃう…ってことで行ってきました。
Img_8980
新岐阜側。解説板も設置されてます。
Img_8976
ホームには「おかえりなさい」の文字。ホームと車内には入れません。
続いて谷汲側。
Img_8971
うーん、やっぱりホームに車両がいるいないでは全然雰囲気が違いますな。
Img_9023
グォォォ…ってこっちに向かってこないかな〜。
Img_8979
反対側も。
形式風。
Img_9034
パンも上がっていて良し!
駅舎2階から。
Img_9004
けっこう人が集まっていていい空間になってました。
(2016.1.11 名鉄旧黒野駅)

2015年7月15日 (水)

ネオクラ、パノスパ。

パノラマスーパー、車内編です。
1_11
先頭部。シートがゴツくてネオクラシック。車でいうダッシュボード部の赤紫の化粧板もシック!
パノラマ席、後ろを振り返って…。
1_13
見事にガラガラ!
マットやスリガラスも…、
1_14
平成ヒトケタなデザイン。
スピードメーターもネオクラシック。
1_12
列車無線アンテナ(逆Lアンテナ)の表現が秀逸!
そして…、
1_15
折り戸じゃーありませんか♫ 好きだなぁこれ。寝台車を思い出します。
1_10
平成ヒトケタ魅力いっぱいのパノラマスーパー。誰も見向きもしないガラガラな今がホントの旬ですゼ。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
 

2015年7月13日 (月)

名鉄パノスパで旅気分

今日はこれです。ワタクシのブログで名鉄と野球が出て来たら、ネタ切れand非鉄多忙のサインです、ハイ…。

1
パノスパ、お、2本並んでる〜。しかし初代パノラマの人気ぶりと比較すると…以下ry。だからこそ、このブログで取り上げるんですね♫
発車1分前でも楽勝で先頭席をゲットできました。では名鉄岐阜駅を出発!
1_4
6000だ!
一宮進入。
1_8
この進入時にミュージックホーンを鳴らしてくれました♫ 今はあまり鳴らしてくれないのが残念。ここで写真にいた親子も下車!1両貸切状態〜。
1_6
新川の車庫を通過!
1_7
やっぱ細いホームだな〜、西枇杷島駅。
1_5
そして枇杷島デルタ!
デルタを過ぎればもうすぐ名古屋。
1_16
ルーセントとセントラルタワーが見えて来たところで、高度を下げて地下へ。
1_9
ビュルビュル…風切音を立てながら名古屋地下ホーム進入!上から目線で、誰もいない先頭車両から乗客を見るのが優越感!結構視線を感じます…。
1_2
がら空きのパノラマ席を独占し車窓を堪能。JRなら最速17分で440円、パノラマだと計910円ですが、たったプラス440円で、プチ贅沢・非日常な旅気分が味わえますのでオススメです。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2015年3月14日 (土)

名鉄 旧三河広瀬駅

名鉄三河線、旧西中金駅の1つ手前の旧三河広瀬駅も駅舎が残ります。
1_10
現役時代のモノではありませんが、こちらは駅名標があります。
1_12
側面。周辺の花壇など手入れが行き届いております。が、残念ながら駅舎内は施錠されて入れませんでした。
ホームへ。
1_13
鳥居にはちゃんと駅名が表記がされてます。
1_14
ホームの向こうは矢作川。
そのホームのと駅舎の間には…。
1_16
貨物ホームがあるんですよ!猿投−三河広瀬間が開業したのは昭和2年、貨物廃止が昭和58年。いつ頃作られ、いつ頃まで使われてたんですかね〜?
あ、赤い旗はマレットゴルフ場になってるからです。
1_15
う〜ん、この駅をサンナナ(3730系)や凸電機牽引の貨物が走ってたんですね…。みたかったなぁ、現役時代。
(2014.2.8 名鉄 旧三河広瀬駅)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2015年3月12日 (木)

西中金付近に残るレール&架線柱

2004年廃止の名鉄三河線末端区間ですが、結構レールが残ってます。今回時間の都合でちょっとだけでしたが、楽しめました。

制限35!
1_6
画面右の白い家の後ろに西中金駅舎が見えます。小さ!
1_8
猿投−西中金間は1985年にDC化されていますが、電化時代の架線柱が未だに残っているのに驚きです。鉄製ですゼ!
1_9
むー、ココを大好きな3730系が走っていたことを思い浮かべると…。イイ!
1_7
素晴らしい風景ではありませんか…。現役時代来ているのに非鉄時代で記憶に無い…。残念です。
(2015.2.8 名鉄 三河広瀬−西中金)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2015年3月10日 (火)

名鉄 旧西中金駅

名鉄三河線、ご存知の通り2004年に路線の両末端(猿投ー西中金、碧南ー吉良吉田)が廃止されてしまいました。今回は山線側の元終着駅、西中金駅です。
1
典型的な木造駅舎。最近土台や周辺道路が補修され、シャキッとした感になっております。しかし、右手側入口の頭にあった駅名標等の表記類は撤去されたままです。これでは元駅舎だと分かる人は当時を知る人くらいではないでしょうか…?
少し角度を変えて…。
1_2
国の有形文化財に登録されているそうですが、ちょっと寂しいかな〜。
中はこんな感じ。
1_5
床(土台?)が補修されキレイになりました。
さてホーム側。
1_4
レールが残ります。ワタクシここは「間に合った」ヒトです。親戚が足助に住んでおり、大学時代の1995年前後にレールバスにて当駅に降り立ってます。が、非鉄中だったのであまり写真を撮ってません…残念すぎる、アホすぎる。
終点方向を見ます。
1_3
この先の足助への延伸計画もあり、終点以降も結構土盤が続いております。しかしそこにレールが敷かれることはなかったわけで、つまり「未成線」。叶わなかった夢の痕跡は古墳なみのロマンをかきたてます。
(2014.2.8 名古屋鉄道 旧西中金駅)
にほんブログ村 鉄道ブログへ
 

2015年2月20日 (金)

モ751のパン屋さん、車内編

さあ、モ751のパン屋さん 、中に入ってみましょう。
1_8
車内半分がパン売り場、半分が喫茶できるデーブルが配置されております。座席は撤去されてますが、その他の原型はかなり残っており◎。
1_2
パン売り場側から。
1_13
運転席周りは…。
1_5
機器類が撤去されること無く残ってます。これは嬉しい。
一通り見学した後は…
1_4
くつろぎのコーヒーを、ああ幸せ。お店の袋にもモ751のイラストが。
家から近いし、またコーヒーのみに来よっと。
以上岐阜県北方町のパン屋さん「歩絵夢」からでした。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2015年2月18日 (水)

モ751のパン屋さん

岐阜県北方町にあるこのパン屋さん。中をよ〜く見ますと…。

1_6

いる!何かいる!

1_11

こりゃ〜間違いなく岐阜を走っていた電車じゃなーの。

1

モ751ですね!

1_10

まぁ鉄ちゃん向けでない飾り付けMAX ですが、原型はしっかり残していますし、こういうのもほっこりしてありだと思う、 今日この頃。

1_7

感電しないでね!

1_12

次回車内をご紹介します。全て許可を得て撮影。

(北方町 歩絵夢)

にほんブログ村 鉄道ブログへ

2015年2月 3日 (火)

名鉄 デキ202

瀬戸市民公園のデキ202です。
1_10
ワタクシの大好きな凸電機♫  この電機の歴史はこちら↓
1_19
1日7往復の貨物があったんですね〜。
1_13
こちらもモ766同様フェンスが…、
1_12
フェンスが…泣。いや、不届き者から守るためには必要ですのでコレで良いんですが。無骨な台車だな〜。
1_11
置いてあった椅子をお借りしてキャブの様子を。名鉄のアイデンティティである切り文字ナンバーとその位置がカッコイイ!!
1_9
こちらはiPhoneで。凛とした黒い電機でした。

より以前の記事一覧