2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ランキング

無料ブログはココログ

twitter

カテゴリー「カメラ」の11件の記事

2016年7月23日 (土)

キヤノンとプリザ

Img_1570

電報で届いたプリザーブドフラワーとキヤノンEOS7Dです。極秘でMarkⅡに機種変更していますが、今のところ周辺の非鉄非カメラ人類は気づいておりません(笑) しかしキヤノンがパンケーキ出す時代が来るとは…。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

2016年7月16日 (土)

Ariaとプリザ

Img_1155

最近室内での写真の面白さにハマってます。スマホですが…、その実力恐るべし!
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2015年11月29日 (日)

イチゴケーキな、オリンパスOM-1

まーたブックオフでカメラを買ってしまった。
Img_0125
オリンパスOM-1。ワタクシカメラを始めた大学時代からずーっと欲しかったんです、ついにゲット♪
Img_0131
ペンタプリズム部がまるでショートケーキのイチゴみたいなのがGood. そして、かなりミニサイズ。ワタクシ車はデカイのが好きですが、カメラは小さいのが好きです。
Img_0126
軍艦部を上から。まず目を引くのは普通のマニュアルカメラのシャッターダイヤルがASA(今でいうISO)ダイヤルになってるのがポイント。シャッターはレンズ部にあるんですよ。なんかバイクのジョッキーシフトみたいな、俺は一味違う感。個性が光るポイントです。
Img_0134
モードラがつくのはOM-1Nと表記されていますが、これはOM-1とあるのでモードラはつかない。でもそんなのいらないですよね〜。じっくり巻き上げながら散歩したいな〜、ストラップはどんなのがイイかな〜。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
 

 

2015年2月28日 (土)

写真が撮れる鉄アレイ

今日は久しぶり、カメラの話。イマドキ鉄ちゃんは絶対使わねーだろ!なカメラです、マミヤプレス。
1_2
古いドラマで、鑑識がデカいストロボ付けて使ってそうなカメラですな。
どんなカメラかはググって頂くとして、露出計無し、シャッターチャージと巻き上げは別、フィルムホルダに引き蓋など、これぞ「ザ・マニュアル」というカメラです。
1_3
ファインダー部が台形になっている初期形です。モデルチェンジして後期はまっすぐですが、ワタクシは台形の初期形が好き。スタンダードとありますが、アオリ機構が省略されているのが特徴。レンズは100mmがついてます。35mm換算すると43mm相当。
続いて、後ろ姿。
1_4
でかっ、な6×9ホルダー。もちろん6×7などに交換可能。
外すとこうなります。
1_5
左手にあるグリップ&シャッター。ホルダには引き蓋。こりゃー作法がたくさんあって頭の体操にもなるカメラですね。ハードオフで12,690円でした。
そして最後にこのカメラ、総金属で2kgはゆうにあります。重い!ベットの横に置いて鉄アレイ代わりに遊んでます。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2014年7月 5日 (土)

鉄ちゃんはパンケーキの夢を見るか?

「鉄ちゃんが使わないカメラ」第2弾?コンタックスAria+テッサー45mmF2.8です。

1_4
この「コンタックス」ってブランド、鉄ちゃんで使ってるヒトは少数派でしょうね〜。既に撤退しちゃいました。AriaはキヤノンでいうところのEOS kissのようなエントリー機ですが、上級機となんら変わらないデザインが素晴らしい。
1_6
軍艦部。エントリー機ながら大事な部分はダイアル式なのが偉い!
1_5
ついているツァイスレンズ、カッコイイでしょ〜。そのポイントを述べますと…。
・ツァイスには固有名詞がある!このタイプは「テッサー」ね。
・全長の極端に短い、いわゆる「パンケーキレンズ」。鉄ちゃんがサンニッパとかデカくて長〜いレンズを好むのとは真逆のベクトルです。
・レンズの色がカッコイイ!シルバーのこれは2002年にテッサー100周年を記念して限定生産されたモノ。
・シルバーレンズと合わせてシルバーのAriaも発売されたんですが、あえてレギュラーモデル(黒)につけて「パンダ」を楽しむのがオツ。
1_7
コンタックスの思い出。今はなきRail Guyの背表紙広告がコンタックスRTSでした。ポルシェデザインの重みも分からない子どもでしたが、これはカッコいい!と直感してキヤノンやニコンとは別のリスペクトをしておりました。時は20年ほど流れ、社会人になって「初めて買った新品カメラ」がコイツです。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

にほんブログ村

2014年6月17日 (火)

初めての白レンズ♪

買ってしまいましたよ…。

1_5
白レンズ。EF70-200mmF4L IS USM。これまでテレズームはSIGMAのF2.8HSMを使っておりました。SIGMAは画質は申し分無しですが、IS無し・重い・デカいで、三脚使用が前提。「機動力のあるテレズームが欲しいなぁ」と思っていたんです。
1_6
SIGMAより半分くらいの重さと細い鏡筒。手持ちでブンブン、振り回すぞーっ!ちょっと前まで「F4ズームなんて暗くて使えない!」と思っていましたが、デジタルで高感度ISOの使用幅が広がったことと、ISのおかげで一気に状況が変わったと思います。
1_4
切り替えスイッチが4つもあるんだ。流し撮りでISをオフして、そのまま忘れてた…、なんてコトが無いようにしないとね。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

にほんブログ村

2014年6月 9日 (月)

鉄ちゃんが絶対使わないカメラ?

久しぶり〜にカメラの話。
大学時代、写真部で白黒写真をやっていた頃は、「いかに粒子の細かい『ファインプリント』をつくれるか。」に燃えておりました。しかし35mm判とブローニーフィルムの差は歴然。くやしいけど…「ブローニーカメラ」が欲しくなったのでした…。この35mmとブローニーのフィルムフォーマットの関係って、鉄道模型のNとHOの関係によく似ている気がします。Oゲージはカメラだったら4×5!?
今日の「フジカGS645W」はそんなブローニー版、6×4.5判のカメラ。レンズはEBCフジノン45mmf5.6(35mm換算で28mm)広角レンズ固定の距離計なしという、「スナップ・風景専門」ともいえる特徴あるカメラです。
1_6
ブローニー判とは思えない大きさと薄さ!携帯性が抜群で、撮ることに集中しやすいカメラです。よく「安っぽい」とか言われますが、高級なカメラは「もっているだけでドキドキして、精神的に良くない!」というのがワタクシの結論です。
1_7
背中。デジ世代には意味不明でしょうが、何のフィルム入れていたか忘れないよう、ポケットがあり、箱の切れ端を入れるのであります。
1_10
ご開帳〜。開口部はちょうどiPhone5がすっぽり入るくらいの大きさ。
1_8
軍艦部。レンズに各操作部が集中しており、左手で全部操作できるので使いやすい。
ピント(m)の5m、2mが緑色になっておりますが、クリックストップになっており、ファインダーから目を離さずピント合わせが可能。
絞りをF8にしてピントを5mに合わせれば、3mから∞までピントが合います。なので、距離計なくても困らないね♫
広角焦点固定、距離計無し、レンズシャッターで最高速1/500…。まぁ鉄ちゃんは絶対使わないカメラですが、風景やスナップには心強いカメラであります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

2013年3月 8日 (金)

"TIARA"と"MacBook"の冷たい感触

 昨年、PCを MacBook に買い替え、初めてボディーを触った時、「あ、前にもこの感触を感じたことがある。」と思いました。

 そして、それは「フジフィルムのコンパクトカメラ "TIARAⅡ" の感触にきわめて近い。」ということに気づきました。

 この、「ザラっとしてやや冷たいボディの感触」は MacBook も TIARA も同じアルミ素材で作られているから…、だけのことなんです。しかし、Macという未知の存在との距離が近くなったように思えて嬉しく思いました。

Img_0253
 MacBookにTIARAを乗せてみる。ややTIARAの方がシャンパンカラーっぽい。いや MacBook が白いのか ? いやいや、TIARAはもう10ウン年前のカメラ、日焼けしたからか??
Img_0254
 この TIARA というカメラ、ただの四角い石けん箱のような形ですが、なぜか惹かれるデザインです。また、単焦点28mm、それもEBC FUJINONレンズという表記もあり、「コレは相当良く写るはず…。」というワクワク感が止まらないカメラです。
 ところが、デザインが良すぎるのか、ホールド感やシャッターボタンの押しやすさがちょっと…△、でした。
 ワタクシには「眺めるカメラ」になってしまってます。
Img_0255
 フィルム、入れてないなぁ〜。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

 

2013年2月19日 (火)

「ブック○フ」でカメラ 買ったら…(キヤノン FTb)

 今日はカメラのお話です。

 「写真命」の学生の頃、やたら何台もカメラ買う人に「そんなお金あるんなら、フィルム買ってたくさん撮れよ。その方が上手くなるのに…。」、な〜んて毒づいてましたが…、カメラって一台一台に個性があって、欲しくなっちゃうんですよね〜。所有する喜び、それも写真趣味の魅力のひとつですよね!

 ところで、ブック○フに鉄道本なんかを売りに行くと、意外にもカメラコーナーに、学生時代憧れだったカメラがビックリする価格で並んでいて気になっていました。
 当時最新鋭だったニコンF100が1マン5セン円とか、F3が2マン円とか「マジで !?」って感じです。まぁフィルムカメラは「終わった」コトになっているんでしょう、今は…。
 そんなブック○フ(ハード○フ)「中古カメラコーナー」でついつい買ってしまったのがこれ…。
P2030461
 キヤノンFTb(N) ですヽ(´▽`)/。直線基調のシンプルなデザインのフルメカニカル・MF・フィルム一眼ですよ〜。
 今の撮り鉄(キヤノン派)がEOS1Dのサブに7Dを持つように、旧F1メインの頃はサブがFTbだった…と聞いております (←昭和40年代後半〜50年代前半の話ね)。そんな伝説と直線基調好きな私が、前から目につけていた一台です。
 さて、そのFTbを買った時のことですが…、
P2030462
 お会計済ませ、「ありがとうございました〜。」って店員さんに渡されたのが…
「レジ袋」に直入れした一眼レフ(↑)、Σ(゚д゚;)!!
 いやー、カメラがカップラーメンと同じように「レジ袋」で渡されるとは…、ワイルド〜(@Д@;。
 まぁ、なんとか持って帰ってきて、おウチでお酒飲みながらコレをイジイジしていると幸せーな気分になりますね。お代は、ちょうど飲み代1回分+αくらいの5,250円でしたしー♪
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
 

2013年2月15日 (金)

カメラかじってる芸人ではなく、平社員(キヤノンEOS630)

 当ブログ、ここまで毎日更新していますが、続けるのって大変ですね。保存車・駅舎の写真はまだまだあるのですが、Blogにするパワーと時間が…。

 今日は気楽に、ワタクシが初めて手にしたMY一眼レフを紹介。
Img_0221
 キヤノンEOS630です。平成元年に登場したAF一眼で、定価は85,000円だったそうです。大学合格と引き換えに?親に中古を買ってもらったんです。
 目黒の三宝カメラで35,000円だったと思います。発売6年後のことでした。
Img_0002_2
 このカメラに一番通したフィルムは「ネオパンプレスト400」でしょうねぇ。大学ではカメラクラブに所属しモノクロ写真に明け暮れる毎日でした。
 鉄分は今より薄く、「蒲原鉄道乗りに行こう!」…なんて思わなかったんですよ…←ばかだねー(ノ_-。)。
 
 未だに指先が各操作ボタンを完全に覚えています。このカメラが一番使いやすいと思ってます。
 初めての写真への取り組み、10代〜20代の苦楽を共にした愛機の紹介でした。
 ちなみに写っているレンズは最近登場した通称「パンケーキ」の40mmF2.8です。おっしゃれーな、薄ーいレンズですね。こちらは38歳になってから買いました。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
 

より以前の記事一覧