2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ランキング

無料ブログはココログ

twitter

カテゴリー「富山地方鉄道」の15件の記事

2016年5月 9日 (月)

富山地鉄 岩峅寺駅

過去ネタ三昧の当ブログですが…、今日も10年前の写真を。富山地鉄、岩峅寺駅です。

Img_0904
駅舎正面。駅というより、公民館、いや銭湯⁉︎
Img_0909
ホーム側。
当駅は立山線と上滝線の接続駅で配線が面白い!
Img_0924
上滝線ホームへ向かう渡り廊下(?)
元変電所かな?素敵な保線小屋もありました。
Img_0911
まだあるのかな〜。
(2005.7.17 富山地方鉄道 岩峅寺駅)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2016年5月 8日 (日)

あったかい駅

Img_0931_2
丈夫な屋根、板張りの風よけ。雪国ならではの心強い造り。あったかい駅です。
(富山地方鉄道 岩峅寺駅)

2013年7月23日 (火)

どーなる?富山地鉄の既存車たち 

 富山地鉄に東急ステンレス車や京阪のダブルデッカーが続々と搬入されているのは皆様ご存知ですよね。そうなると、気になりますよねぇ、既存車の処遇。

1_15
14720形14722。1962(昭和37)年日本車輌製。名所の常願寺川鉄橋を通過!
1_16
10020形10025。1961(昭和36)年日本車輌製。稲荷町でとらえた1ショット。
1_17
14760形14765。1979(昭和54)年日本車輌製。前面の連窓状の大型2枚窓が10020より近代的な感じですね。
えーなぜ、この3両を取り上げたかというと、「富山地鉄のオリジナル車・しかも雷鳥色」ってトコロですね、やはりカッコいいです。大手私鉄車が移籍して頑張る姿もイイですが、これらの車両も出来るだけ長く活躍して欲しいですねぇ。
(2012.1.7〜9 富山地鉄 越中荏原ー越中三郷、稲荷町)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

2013年6月20日 (木)

謎の平面スイッチバック(富山地鉄の駅舎⑬ 上市駅)

 今日はこれまた久しぶりの富山地鉄、上市駅です。実は社員旅行で立山・アルペンルートを巡ったんですが、宿は上市だったので、プチ鉄っちゃんできたというわけです。

1_6
取り立てて特徴のない複合テナントが入る2階建てですが、昭和感がプンプンします。 
1_8
薄暗い駅構内。この方が落ち着く?券売機を見て社員Aが一言。「食券かよ!」
1_5
スイッチバック駅なんですね!社員B「何でこんな面倒なことすんの?」ワタクシ「…わかんない。」当駅のあるのは平坦なところ。何故でしょう?どうやら富山地鉄はもともと複数の私鉄が合併して出来ており、別々の私鉄が上市を目指して合流していたのが合併して直通運転するようになったので、結果スイッチバックになった…、ということらしいです。
「昭和感」を盛りあげる小道具?の行灯広告類。
1_9
ホント…
1_10
暖かみがありますなぁ…。
1_7
あと10年たったらかなり貴重になっていると思います。駅ビルもどんどん立て替えられていますが、富山地鉄は駅舎を大事にする会社なので大丈夫かな?
(2013.6.1 富山地方鉄道 上市駅)

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

2013年1月18日 (金)

富山地鉄の駅舎⑩⑪⑫ 浜加積駅、舌山駅、東新庄駅

 富山地鉄の駅舎シリーズ、今日は3駅お届けします。いづれも2006年の写真ですので、今はどうなっているのかまでは、分かりません (^-^; 。すいません。

 まず浜加積駅。
Img_2876
 寺田駅、西魚津駅と同タイプの駅舎ですね。駅名の看板がだいぶかすれているのと、扉がアルミサッシになっていないのがGOOD!?
 続いては、舌山駅。撮影時点では無塗装ですが、今はグリーンに塗装されているようです。
Img_2893_2
光線的に駅舎が綺麗に写らないので、駅前のパウダースノーを大きく入れて見ました。ホントサラサラでびっくりしました。やたら背の高い駅舎です。この駅ホームからは…、
Img_2907
立派な農協倉庫が見れました。ワタクシこういうの好きです。
 そして、東新庄駅。
Img_2931
な、何なんでしょう?この軒先に付け足されたような◇型の軒は?? 不思議なデザインです。
 昔、「富山地鉄駅舎デザインコンテスト」みたいなものが開かれ、多様なデザインの駅舎が作られた…ってわけでは無いでしょうが、多種多様の駅舎に驚くばかり。
(2006.2.5 富山地方鉄道 浜加積駅、舌山駅、東新庄駅)

2013年1月17日 (木)

富山地鉄の駅舎⑨ 荻生駅

 久しぶりの富山地鉄駅舎シリーズ。今日は荻生駅です。ちょっと前の写真ですが〜(^-^;。

Img_2880_2
これまた、過去紹介分の駅舎とは違うタイプです。どちらかと言えば「他の路線でもありそうな」フツーの建物 です。
Img_2883
サイド・ホーム側。
Img_2890_3
ホームへの入口(改札口)付近。  本当に「富山地鉄は駅舎のデパートです。」

2013年1月14日 (月)

富山地鉄の駅舎⑧ 月岡駅

富山地鉄の駅舎シリーズ8駅めは、月岡駅です。ここはホーム待合室が魅力的ですね!

Img_1167
電鉄富山行きが到着しました。イイ待合室でしょう?
Img_1189
角度を変えて…。また雪が降ってきました。
Img_1242
そして夜は更けて…、雪は強くなるばかり…。
す、すいませんっ、駅舎撮ってませんでした(^-^;
(2012. 1.7 富山地鉄 月岡駅)

2013年1月12日 (土)

富山地鉄 デキ12021

 今日は富山地鉄の電機、デキ12021です。1958年東芝製、黒部川のダム建設のために製造された車両です。現役機です。それにしても…

Img_2938
このデザイン( ´艸`)プププ…。なんと言いましょうか…これまで紹介してきた凸とは全くベクトルが違いますよね。キャブの傾斜やボンネット中央の突起、カドは曲線を多く取り入れたり。いやぁ…類を見ない電機になりましたね!ちびっ子が「カッコいい!」というデザインではないのが、ワタクシのような偏屈おっさん鉄のハートを鷲掴みます( ̄ー ̄)ニヤリ
 普段は稲荷町で寝ていることが多いんですが、時々イベントやチャーターで走っています。ワタクシ、走行を撮りたいってずーっと思っているんですが、まだ願いかなわずです…。

2012年12月22日 (土)

富山地鉄の駅舎⑥⑦(電鉄黒部駅、東三日市駅)

 富山地鉄駅舎シリーズ、今回は2駅お届けです。まずは電鉄黒部駅です。

Img_2912
これまた他の駅には見ないデザインですねぇ。入り口の三角屋根が立派ですぐ駅だ!って分かります。今はお色直ししているようです。この駅はなぜかこのカットしか撮っていない…。ホームに特徴的な跨がり屋根があるんですが…ミスったなぁ(ノ_-。)
リベンジしないと…。そしてお隣の駅は…
Img_2917
東三日市駅。駅名の字体がカッコいいデザイン。西魚津駅の字体とはベクトルが180°違う。それにしても、富山地鉄は「駅舎の玉手箱や〜♪」。何故にこんなバラエティに富んでるのでしょう?楽しませてくれますね!

2012年12月20日 (木)

富山地鉄 千垣鉄橋雪景色

 今日は走行写真を…。富山地鉄のド定番撮影地ではありますが、雪の千垣鉄橋です。

Img_1314
この時期に訪れてよかった…。ただ、寒い!でも、もっといたい…。で、なんだかんだ数時間粘ったら、案の定、次の日猛烈な風邪を引きました(@Д@;。
今冬も大雪のニュースが舞い込んでいます。きっとこのような景色が展開されていることでしょう。
(2012.1.8 富山地方鉄道 千垣−有峰口)