2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ランキング

無料ブログはココログ

twitter

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

伊予鉄道 高浜駅

伊予鉄道高浜駅です。
Img_6802
以前紹介した三津駅と同時期(昭和初期)の駅舎ですが、三津駅に比べるとシンプル。
Img_6810
駅正面口。通路に屋根が掛かっており、昼なお暗しでいい感じ。
Img_6817
構内。三津駅二時間取りすぎて?あまり写真撮ってませんでした。
(2008.2.10)

2016年5月29日 (日)

古町の留置車両たち(2008年)

伊予鉄道古町駅にある車両工場に留置されていた3形式をご紹介します。
Img_6885
まずは300系。1950(昭25)年日立製作所製。オデコに掲げた前照灯と3枚窓非貫通が純粋な旧型電車って感じです。予備知識がなかったので、「うわっ、まだ残ってたんだ!」とびっくり。
写真ではうまく写せなかったんですが、2両めのサハ500は300とは全く別物でして、元をたどれば1914(大3)年汽車製造製というシロモノ。300と全高・屋根形状が異なり、編成美もへったくれもない。そこが地方私鉄のお約束って感じで素敵です。
続いて600系。
Img_6890
1958(昭34)年ナニワ工機製。運転台がセンターにドカンと来るスタイルが路面電車チックですねぇ。この特徴ある顔はワタクシの中での伊予鉄を一番イメージします。
古い車両をきっちり保存しているのは偉いなぁ!と感動していましたが、撮影した年の後半に解体されてしまいました…。
もう一両。
Img_6882
モニ30。1952年、ココ古町工場製の電動貨車。1990年頃まで入換車として活躍していたようです。こちらは那珂川で保存されている模様です。
(2008年2月10日)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2016年5月25日 (水)

伊予 瀬戸内 梅津寺

Img_6822
過去ネタシリーズは伊予国へ。ワタクシには縁もゆかりもない四国ですが、寒いのが嫌いなワタクシは好きな土地であります。伊予鉄道から見る瀬戸内海の穏やかさにうっとり。
メインディッシュの三津駅は以前出しちゃいましたので、今後はそれ以外をご紹介したいです。
(2008.2.10 伊予鉄道 梅津寺駅)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2016年5月24日 (火)

京終駅でネオクラ

JR桜井線も木造駅舎と105系が楽しい路線ですね!…って今も残ってるのかなぁ?行ったのは2009年。今日は京終駅です。
Img_3594
なぜか駅前にワタクシが大好きなY31がぁああ、なぜか停まってるぅ。
覆面ではなくて、捜査車両?いやマニア?いづれにせよ空気が引き締まります。それにしてもイカツイぜ。
電車の方は…、
Img_3585
をー!103系1000番台、、じゃなかった今は105系なのかな?
0番台と違って貫通扉&前面窓が斜めにスラントしてるのがかっこいい!!おでこにわざわざ“JNR”って表記して千代田線に入っていくのが誇らしかったですね。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2016年5月21日 (土)

名古屋港 堀川可動橋

今日は名古屋港の可動橋です。
Img_5788
名古屋港臨港線の通称・堀川可動橋ですね。臨港線は昭和に廃止となりましたが、こうやって跳ね上げた状態で保存されてます。
Img_5756
竣工は1927(昭2)年で現存する国内最古の蹴上橋だとか!
Img_5758
銘板には山本工務店と読めます。設計は山本卯太郎。日本の可動橋の第一人者と言えるでしょう。
Img_5789
岐阜に転勤してすぐ見に行った橋です。しかし、もう約10年前となってしまいました。
(2007.8.19 名古屋市)

2016年5月19日 (木)

スクールバスの廃車体

過去ネタシリーズ、バスの廃車体。
R0011978
2007年4月の撮影です。確か敦賀周辺を営業している時に見つけた個体だったと思うけど、まだあるのかなぁ。
R0011976
後ろドアがないのと黒く塗りつぶした▲はスクールバスマークっぽいので元スクールバスでしょうか? 水色のシンプルなラインが秀逸!

2016年5月17日 (火)

ダルマさんみっけ!ワム60000 配給車代用

過去ネタシリーズ。2007年、敦賀でみつけた廃車体。

R0011999
貨車の倉庫転用はよく見かけますが、原色が残っているのは珍しい。しかも白帯を巻いている…なんだ、なんだ?各種表記が生きているおかげで、すぐ正体判明!
R0011994
左から「松任工場」「配給車代用」「ワム60090」「金」などが読めます。松任にいたワム60000の配給車代用ですね。「あぁ、河合商会の!」と思ったあなたはツゥですね(笑) 。河合商会のは60115ですが。
しかし河合商会も今は亡き…なんですねぇ。
当廃車体が現在存在しているかは不明です。インターそばのどこか丘の上に上がる途中だったイメージですが…、覚えていません。
(2007.4.21 福井県敦賀市)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2016年5月15日 (日)

旧・動物検疫所敦賀出張所

これも福井時代の10年くらい前の写真です。会社関係のヒトに休日にテニスかBBQか、まぁそのような何かに誘われ、渋々行った時に見つけた洋風建築です。

Img_2959

実に私好みなサイズと色なんですが、ややくたびれておりました。ここいらはオートキャンプ場であり、その管理事務所だとのことでしたが、ムムム…。キャンプ場なるものがある前の建築でしょうコレは…、なんだ?なんなんだ?
Img_2961
「洋風建築・敦賀・オートキャンプ場」なんてググっていきますと、、、「旧・動物検疫所敦賀出張所、大正5年竣工」なんてワードにたどり着きました。敦賀港に陸揚げされた肉牛を検閲していた事務所だったようです…!ちなみに現存はしていない模様、合掌 。
(2006.2)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2016年5月13日 (金)

福井鉄道80・120形さよならから10年

今日も福井鉄道を。10年前は福井に住んでました。2006年、元名鉄岐阜市内線の低床車導入で既存の高床車が一気に縮小されました。ちょうどお休みの時に80形・120形のさよなら運転が行われるとのことで出かけてみました。
Img_3671
80形。撮影地に選んだのは西山公園ー水落間の県道をまたぐ橋梁。結構かっ飛ばしている地点なのと、ややマイナーなので人は少ないかな?と思いまして。実際2〜3人だったと思います。幕式なのに普段は付けない行先番がついておりちょっと驚き!でも違和感。
続いて120形。
Img_3694
80形が廃車までバリバリのレギュラーだったのに対し120形は平日ラッシュ時の運用で、走行シーンはたまーに営業車の中から指をくわえて見ただけだったので、最後に走行シーンを撮れてよかった!
合間には、
Img_3679
高床車を追いやった元名鉄岐阜の車両もやって来ます。
何回か往復した後、西武生でフリーの撮影会が行われました。
田原町方向。
Img_3706
さよならの装飾がおでこの文字ってのはイケてないなぁ!って思いました。
武生新方向。
Img_3712
120形は前後で顔が全く違うんですね。こんな顔してしっかりカルダン駆動化されてました。
(2006年6月24日)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2016年5月11日 (水)

キミは901iシリーズを知っているか?

過去ネタシリーズ。福井鉄道200系。
Img_0280
もう1編成しか残っていないそうですね。この202も先日解体されてしまったとのこと、合掌。
前も書いたけど、ワタクシが福井在住の頃の200系はご覧のような全面広告車ばかりで、クッソ撮る気のしない車両だったのです。でも今写真を見ると、今後絶対復刻塗装されたりしないであろうド派手な姿に、 時代と愛おしさを感じてしまいます。撮っておいてよかった。
(2005.5.4)

2016年5月 9日 (月)

富山地鉄 岩峅寺駅

過去ネタ三昧の当ブログですが…、今日も10年前の写真を。富山地鉄、岩峅寺駅です。

Img_0904
駅舎正面。駅というより、公民館、いや銭湯⁉︎
Img_0909
ホーム側。
当駅は立山線と上滝線の接続駅で配線が面白い!
Img_0924
上滝線ホームへ向かう渡り廊下(?)
元変電所かな?素敵な保線小屋もありました。
Img_0911
まだあるのかな〜。
(2005.7.17 富山地方鉄道 岩峅寺駅)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2016年5月 8日 (日)

あったかい駅

Img_0931_2
丈夫な屋根、板張りの風よけ。雪国ならではの心強い造り。あったかい駅です。
(富山地方鉄道 岩峅寺駅)

2016年5月 7日 (土)

クジラとM5。

ワタクシが生まれた時、クラウンはクジラでライカはM5でした。

Img_0629

1974年、カメラの王様ライカ、クルマの王冠クラウンがまだ若かりし?頃の冒険作とは?その時のクラウンは60系・通称クジラ、ライカはM5ですね。両者ともこれまでの伝統を否定するようなデザインで登場し、結果伝統を好む両ブランドのメインターゲット層から総スカンだった…というのは有名な話。

この両者のチャレンジと失敗が同時期だったのと、それが私の生まれた1974年前後だというのが因縁を感じます。
クジラは小学校1年生の時に見た時のインパクトはでかかった。ウィンカーからボンネットにかけての段差。想像しないデザインで、他車では見たことなかった。友達は「旧型!旧型!」って笑ってましたけど、まだ登場後7年くらいだったんですね。気づけばクジラを探している小1でした。
Img_0627
M5は写真を始めた大学時代にその存在を知ったのですが、サイズとデザインが一番しっくりくるカメラという印象でした。しかし後にM3から始まるライカのMヒストリーを知ると、果たしてM5はMシリーズを名乗るべきだったのか?と思います。
今日、あらためてクジラとM5を見つめると、そのスタイルとデザインに惚れ惚れします。どちらも間違いなくクラウンであり、ライカであるなぁ!と思うわけです。
(追記:M5の写真がないのはただ単にもっていないから・笑)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2016年5月 5日 (木)

川原町の洋風建築

Img_0825
岐阜は川原町の洋風建築。幾何学模様が素晴らしい!
にほんブログ村 鉄道ブログへ

2016年5月 3日 (火)

GWは猛烈な活字欲を解消!

Img_0865

GWいかがお過ごしですが?ワタクシは長い連休はたいてい帰省や移動が多いので、その間に1年分の読書をするのが何よりも楽しみです。鉄分の多いラインナップですが、あと2、3冊は非鉄系も交えて10冊くらいは読みたいです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

2016年5月 1日 (日)

茶所駅で短2音とテレス

名鉄茶所駅に初下車しました。ここは名鉄で名古屋に向かう時通過しているのですが、気になる案件が2つありまして…。
まずこちら。
Img_9182
昭和な紳士服の看板があるんです。
Img_9192_2
シブい!
そしてこちらも看板。
Img_9167
茶所検車区に入る時は短く2音鳴らすのですね。μ4とか、かっこいい!なぜワタクシは運転手にならなかったんだろうなぁ…。
(2016.2.28 名古屋鉄道 茶所駅)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »